壁紙ならはがせるシートがおすすめ!木目やレンガなど全36種類

お部屋のイメチェンをしたい、気分を変えたい、そんな時はウォールデコシートを使いましょう。これはシールタイプの壁紙で、どこにでも使えるリメイクシートです。壁の一部に木目柄を貼ったり、テーブルや食器棚などにレンガ柄を貼って家具を新調したように見せたり、使い方はいろいろ!

使い方はシールなので剥離紙をはがして貼るだけ。DIYなんてやったことないっていう人でも簡単に使いこなせますよ。全36種類中、特に木目柄は18種類と充実。レンガ柄も8種類あるので、お部屋や家具などのイメージをガラッと変えることができます。

しかも50cm幅(もしくは60cm幅)が6mで3,564円(税込・送料無料)とリーズナブル! テレビや雑誌でも紹介され、インスタ映えもするウォールデコシートを紹介しましょう♪

壁紙はがせるシートは業者に頼むより全然安い!

リビングだけでも、キッチンだけでもリフォームしたいなと思ったら、いくらかかるかご存知ですか? 業者に見積りを頼むと5万円とか10万円といった金額がポンポン出てきますよ。
いや、それなら結構ってなりますよね。

もっと簡単に、ちょっとだけリフォームしてみたい、という人にぴったりなのがこのウォールデコシートです。
1mから買うことができ、その後の単位は3、5、6、10、15、30mとそろっているので、必要に応じて選ぶことができます。

幅は柄によって異なりますが、50cmか60cmのどちらか。
これを1mだけ購入することもでき、その場合お値段は645円(税込)と格安!

ただ、1、3、5mまでは送料別となってしまうので、この送料無料になる6m以上がおすすめです。しかも1m買うより15m、15m買うより30m買う方がお得になるので、ちょっと多めに買っておいて、あとから貼るところを考えてもいいですね。

さらにさらに、広い面積にこのシートを貼る場合、空気が入らないようにヘラのようなものを使って貼るのがコツになります。
このヘラ、スキージーという道具で、1mだけ購入した人にもプレゼントされるという太っ腹。10m購入すればこれにカッターが付いてきて、15m、30m購入すればカッターの替え刃も付いてくるんです。

わずか数千円で出来るお手軽リフォームに、このウォールデコシート、使えますよ~。

壁紙はがせるシートは木目調が全18種類!

さて、楽天でも大人気のウォールデコシート、デザイン柄が豊富で、その数全36種類
特にいろいろな柄をそろえているのが木目で、これだけで18種類もあります。

もし殺風景な無地の壁紙だったら、一面だけ木目を貼るだけでも温かみのあるお部屋にイメチェンできますし、一面の一部分だけにタペストリーのように貼り付けるのもいいですね。

木目柄には本物の木の板に見えるスタンダードタイプだけでもナチュラル系、ブラウン系、ホワイト系などがあります。

よりリアルな木目だったり、パッチワーク風だったりというデザインもあり、目移りしそう。人気ナンバー1はブラウン系を基本にしつつブルーをアクセントに入れたパッチワーク風。リビングや子供部屋に似合いそうです。

ではここで、実際に木目柄のウォールデコシートを貼った人のレビューを見てみましょう。

・テーブルにパッチワーク木目を貼ったらおしゃれに!
・ホワイトの木目でキッチンがカントリー調になりました。
・実家の台所が劣化していたので戸棚に木目を使用。見違えました。
・ふすまにホワイトの木目を貼ったら洋風に変身しました。

木目はどこにでも合いますが、ふすまに貼るとはアイデアですね。傷ついた床に貼ったという人もいましたよ。

壁紙はがせるシートはレンガ柄が全8種類!

木目と同様、人気があるのはレンガ柄。こちらも8種類そろっています。
カラーはブラウン系やホワイト系、品のあるホワイトとグレーの掛け合わせなど。ゴツゴツとした質感がよりリアルなレンガ柄は、リビングに貼ると重厚感を出すことができそうです。

ではここで、実際にレンガ柄を貼った人のレビューを見てみましょう。

・レンガ柄にしました。思っていた以上にかわいい!
・暗いキッチンに白のレンガ柄を貼ったら明るくなりました。
・ゴミ箱や段ボールにレンガの柄を貼ったらおしゃれ家具に!
・キッチンの壁紙が剥げたので茶系のレンガを貼りました。素敵!

レンガはやはりキッチンに貼る人が多いですね。でもゴミ箱もナイス! 段ボールもおしゃれなおもちゃ入れとかクッション入れになりそうです。

木目とレンガのほかは、プレーン(無地)が7種類、大理石が3種類あります。
プレーンはパステルグリーンやパステルピンク、ホワイト、グルーグリーンなどがあり、どこにでも使えそう。

大理石はホワイト系、ブラウン系、ブラック系があり、テーブルやカウンターなどに貼るのがおすすめです。

さいごに

これだけ種類があれば、貼りたい場所にぴったりなシートが見つかりそうですね。

で、貼り方ですが、付属のスキージーを使えば本当に簡単。シートの裏は1cm四方の方眼になっているので、カットも楽々です。
上質なのりを使っているので貼りやすい上に、もし曲がったり失敗したりしても“貼り直し”もできるんです。

1切る、2剥がす、3貼る、の3ステップで初心者でも扱いやすいのがこのウォールデコシートのポイントと覚えましょう。

そうそう、このシート、防水でもあるんですよね~。だからキッチンやトイレといった水周りに貼るのもOK! 簡単におしゃれキッチンやトイレに変身させることができますよ。

長さ違いやよりプレミアムはウォールデコシートのWAGICはこちらをチェック!
↓ ↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする