雑草対策のおすすめは簡単DIY!自分でできるおしゃれな庭づくり!

春から夏の終わりにかけて、面倒なのが庭の雑草です。
抜いても抜いても数週間もするとまた雑草取り…。

それなら雑草対策に半日時間を割き、DIYで人工芝にしてしまいませんか?
本物そっくりのふわふわ人工芝、DIYで施工できます!

ここではおすすめの人工芝と必須アイテムの防草シートをご紹介!
防草シートも簡単にDIYで敷き詰めることができますよ。

雑草対策に本腰を入れ、あの面倒な作業から解放されましょう!

ではおすすめの人工芝と防草シートを詳しく紹介していきます。

雑草対策のおすすめはまるで本物の人工芝!

雑草対策には人工芝がおすすめです!
それもDIYで簡単に施工できる方法がおすすめ!

そのためには通販を賢く活用しましょう。
通販ショップでは質の良い人工芝を安く取り揃えています。

例えば通販ショップのモダンデコでは、毛足3.5cmの草を1㎡に1万9660本も植えている人工芝が人気。確かに見た目はまるで天然芝のようです。

UV カットや水はけ対策も万全で、幅2m×長さ10mサイズが1万9,990円(税込・送料無料)。小さめの庭ならこれひとつで済んでしまいますね。

またロール状の人工芝は簡単にDIYで敷くことができるのも魅力。
サイズが合わないところは自由にカットすることも可能です。

サイズやカラーも取り揃えているので詳しくは下記の記事をご覧ください。
↓ ↓ ↓

庭に緑があるのはいいですが、草取りが面倒…。そこでおすすめなのがまるで天然芝のような人工芝。幅2m×長さ10mのロール人工芝を買えば、誰でも簡単にお庭をDIYできます。ここでは人工芝の特徴や敷き方のコツ、評判などを口コミを交えて紹介していきます。

モダンデコの人工芝はいくつかのサイズで売り切れがあります。
その場合はLOWYA(ロウヤ)の毛足3.5センチ商品もおすすめ

こちらも細い葉を密集して植えているリアルな人工芝。
色々な葉をミックスして植えているので、見た目も触り心地も天然芝のようです。

こちらは幅1m×長さ10mで1万490円
幅1mの方が使い勝手がいいという口コミもあったのでこちらもおすすめです。

サイズやカラーなどの詳細は下記をご覧ください。
↓ ↓ ↓

庭のお手入れに困っていませんか。だったら人工芝を敷いてはいかがでしょう。今は本物の芝生のように見える人工芝があり、DIYで簡単に敷くことができます。通販なら良質な人工芝を安い費用で購入することができてお得!ここではインテリアショップのLOWYA(ロウヤ)が販売する毛足3.5センチの商品をご紹介します。

雑草対策は簡単に敷ける防草シートも必須!

雑草対策で人工芝を敷く前に、
①雑草を抜く
②除草剤を撒く
③防草シートを敷く
のが一般的です。

砂利の場合は直接人工芝を敷く場合もありますが、土の場合は人工芝を敷く前に①~③をしておくのがおすすめ! これで完全に雑草取りの仕事から解放されますよ!

上記で紹介した2つの人工芝に合う防草シートもご紹介しましょう。
幅1m×長さ10mの2本組で、どちらの人工芝にもぴったりのサイズです。

この防草シートは遮光性に優れているので、雑草の繁茂を完全にシャットアウト!
雨水を通す通水性もあるため、ぬかるむこともありません。

カラーは自然の植物や土になじむモスグリーンとブラウンを用意。
耐久性は1~3年程度ですが、これは直射日光の真下か日陰かによって変わります。

材質はポリプロピレン(不織布)。
サイズは幅1m×長さ10mで、2枚組3,280円(税込・送料無料)とリーズナブルです!

人工芝を敷く前に必ずこの防草シートを敷いておきましょう!

雑草対策はDIYで安くできる!

防草シートもDIYで簡単に施工できます!

人工芝と同じくロール状なので、くるくると敷くだけ
ハサミで簡単にカットすることができ、切り口がほつれにくいもおすすめの理由です。

できればシートを固定するためのピンも一緒に購入しましょう
これをしておくと人工芝を敷く作業がよりスムーズになります。

ピンは長さ15cm。40本入りで1,520円(税込)です。

ではここで、実際に防草シートを使った人の口コミを見てみましょう。

口コミ:雑草対策の防草シートは安くて簡単!

・雑草対策で2年前に敷きましたが、シートの下から雑草は生えてきません!
・ハサミで簡単にカットでき、すぐに敷くことができた。
・カットした所がほつれてこないのがいい。DIYでできます!
・人工芝の下に敷くために買いましたが、価格が魅力的でした。
・いろいろなメーカーを見ましたがこちらはかなりコスパいいです。
・ホームセンターの商品より楽天の方が安いのでおすすめ!

使い勝手、良さそうですね。
やはり雑草対策の人工芝にはぜひこの防草シートも敷いておきましょう

ここでは人工芝の下に敷くため紹介しましたが、防草シートはほかにもいろいろな使い道があります。例えば勝手口の通路や花壇、家庭菜園の雑草対策などなど、DIYで簡単に活用できますね!

雑草対策のまとめ

雑草対策におすすめの人工芝と防草シート、いかがでしたか。
DIYで簡単にできるなら、業者に何万円も払うのはばからしいというものです。

本物そっくりの人工芝で雑草に悩まされない庭を手に入れてください。
そのためには質の良い防草シートもお忘れなく!

人工芝も防草シートもロール状なのでDIYで簡単に敷くことができます
変形している場所や室外機のような障害物があったら、どちらもハサミで簡単にカットできるのもいいですね!

人工芝と防草シートで雑草のない快適な庭をデザインしましょう!

人工芝と合わせて使いたい防草シートのサイズ違いなどを下記に並べてみました。
最適なサイズやカラーを確認してくださいね。
↓ ↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする