台湾九份ツアーのおすすめ歩き方や有名階段をレビュー!千と千尋の神隠しの世界観たっぷり!

(↑階段の途中で撮影できる風景。建物は茶芸館の阿妹茶楼↑)

台湾のオプショナルツアーと言えば九份(チウフェン)です。
2泊3日の台湾ツアーで九份に行ってきました!

ガイドブックの地図をじっくり見て行きましたが、実際に行ってみると地図のイメージと全く違っていたのでどういう歩き方がいいのか、どんな楽しみ方をしたのかお伝えしますね。

ちなみに私はツアーに参加して行きました。
電車の旅も魅力的ですが、帰りの混雑やバスのことを考えるとツアーバスで往復してくれるツアーが魅力的だったからです。
実際、ツアーは楽でしたし料金も約4000円でしたよ。

では、具体的な体験記をご紹介します。

台湾で九份に行くならツアーがおすすめ!

(↑ツアーバスが停まる駐車場から九份を見上げる↑)

台湾を代表する観光スポットの一つ九份
台北市内より東に位置し、電車やバスを乗り継いで約1時間半かかります
結構遠いんですね。

台湾で鉄道の旅も魅力的ですが、その後バスに乗ったり、帰りの時間を気にしたりと面倒なので、今回はツアーに参加しました。
実際バスに乗っていた時間は平日だったので1時間ほど
現地ではたっぷり3時間の自由時間があり、十分に楽しむことができました。

具体的なスケジュールも書いておきますね。

集合は台北市内のホテルに14時45分
バスは15時に出発し、16時過ぎには九份に到着。
出発の19時まで3時間たっぷり滞在できるツアーでした。

ちなみに楽天の場合九份のツアーにはいろいろなオプションが付いています。
九份+夜市散策(食事付き、食事なし)九份+夜市散策+鼎泰豊クーポン(食事付き、食事なし)があり、日本語ガイドもセット
初心者でもリピーターでも満足できる内容になってます!

なお、九份は山の上にあるでバスは揺れますとガイドブックにありました。
体感ではバスはそんなに揺れませんでした。
よほど敏感な人でない限り大丈夫だと思いますよ。

台湾九份の歩き方は基山街から攻めよう!

(↑目印のセブンイレブンがある基山街の入口↑)

台湾の北東端に位置する九份かつて金鉱で栄えた町
そのため古き良き時代の雰囲気が残っているのが魅力です。

豎崎路(スーチールー)の階段も見ている分にはとってもレトロで素敵。
インスタ映えもします。

しかしそのぶん古いので、崩れそうな怖さがあるのも否めません。

私たちのツアーはいきなりこの階段を登り、途中の広場までガイドさんと一緒に行く歩き方でした。到着早々この階段を登るのは結構きつかったです。

(↑階段はこんな感じ。昼間なので人がまだ少なめです↑)

足が不自由だったり、シニアの場合、この階段を回避する歩き方がいいでしょう。

階段の登りを避ける歩き方としては、最も賑わう商店街、「基山街(ジーンシャンジェ)」の入り口まで行ってしまうのが一番!
ツアーの場合も事情を説明し、路線バスやタクシーを利用すれば可能な方法です。

バスを利用する場合は「九份老街」というバス停で降りれば入り口はすぐそこ
タクシーの場合は行先を基山街の入口、目印のセブンイレブンと伝えましょう。

基山街の歩き方は道なりに進むだけ。
商店街を十分に楽しんだ後に豎崎路を通る歩き方だと階段を下るだけで済みますよ

私はほぼ3時間をこの基山街歩きに費やしました。
具体的な食べ歩きやお土産探しの記事はこちらをご覧ください!
↓ ↓ ↓

台湾旅行で九份に行く計画はありますか?私は7月に九份へ行ってきました。行く前は具体的な楽しみ方がイメージできませんでしたが、実際にすごくよかったのでその楽しみ方をお伝えします。3時間の間に商店街の基山街をそぞろ歩いて食べ歩きやお土産探しを楽しみましたよ~!

台湾九份の階段は結構狭くて急!

台湾の九份といえば、その楽しみ方はなんといっても写真撮影
なぜなら、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったといわれている場所だからです。映画ファンならトニー・レオンの映画「非情城市」のロケ地になった階段として知れらていますね。

その階段が「豎崎路(スーチールー)」。
この階段、想像以上に幅が狭く、急でした
そこへ登る人降りる人がひしめいているため、常に混雑状態。
夕方になり提灯に灯がともってくると、より人が多くなって混雑具合が酷くなります。

ましてや九份は雨の多い町
雨で傘をさしていたり、レインコートを着ていたりすると、すべり易いので本当に気をつけましょう。

で、九份を象徴するともいえる風景がこの階段の途中にある茶芸館、阿妹茶楼
階段から脇に入る小径があり、ここでたくさんの人が写真を撮ります。
(そこで撮ったのが一番上の写真です)

階段自体を撮影する場合は、人の流れに逆らって立ち止まることになるので、これまた要注意ですよ。

そんなこんなで写真を撮り、基山街を十分に楽しんだ後はこの階段降ればバス通りに到着
路線バスで来た人は「九份」のバス停から乗り込むことができます。

この歩き方なら階段を登らずに、しかし階段観光も十分楽しめるというわけです。

台湾九份のまとめ

台湾の九份ツアー、おすすめの歩き方を紹介しました。

往復のアクセスを考えると、まずはツアーがおすすめ
また風情ある階段は急で狭いので、基山街の入口まで行って商店街から周る歩き方がおすすめ!
映画「千と千尋の神隠し」の世界は、階段「豎崎路」を降りる時に撮影できますよ。

それにしても九份は楽しかったです。
レトロと混沌が入り混じる感じは、最新の建物が建ち並ぶ台北では味わえない台湾らしさがあって。

台湾へ行くならぜひ九份へ足を運びましょう。
台北だけだとちょっと台湾らしさが足りないかも!

九份の歩き方、ぜひ参考にしてみてくださいね~!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする