おせち料理の通販なら今年は中華のチルドを頼もう!口コミでも評判!

おせち料理の通販にも飽きた、
今年はどうしよう…という方に中華のおせち料理をおすすめ!

上海料理の名店「謝朋殿」がお届けする中華おせち「中華八角」を紹介します。

八角は末広がりを意味する八角形の器のこと。
朱色の重に並ぶ16品の中華メニューがお正月の食卓を鮮やかに彩ってくれますよ。

しかも「中華八角」は29、30日に作ったものを31日にチルドでお届け
元日にそのまま食卓に出すことができて便利です。

毎年完売という「中華八角」ファンの口コミも集めました。
2020年の通販おせちを決めるなら、この「中華八角」をぜひチェックしてみてくださいね!

おせち料理の通販は中華にトライ!

謝朋殿」といえば中華が美味しいレストラン。
その謝朋殿は中華のおせち料理を販売して40年になります。

いつも和風でちょっと飽きたなと思っているなら、
今年は毎年完売という中華おせちを注文してみませんか?

意外と大人しか食べていないおせち。
しかも結局余らせてしまったり。
でも中華メニューなら子供もシニアも大好きで、あっという間に無くなってしまいますよ。

以下に16品のメニューを紹介していきましょう。

通販の中華おせち:「中華八角」一の重

有頭海老の蒸焼き4尾/2肉団子の甘酢ソース7個
3蜜汁チャーシュー60g/4の甘露煮6個
数の子の老酒漬け4切/6松笠イカの白焼4個
胡桃の飴炊き40g/8花餅桃4個

通販の中華おせち:「中華八角」二の重

海老のチリソース8尾/2アワビの醤油煮4個
若鶏の酒粕風味焼き130g/4椎茸の醤油煮4枚
の醤油煮50g/6大根の甘酢漬け40g
胡瓜の甘酢漬け40g/8クラゲの冷菜60g

これで3~4人前とのことですが、お雑煮やお煮しめなど他の料理も並ぶなら、
5~6人で食べられそうですね。

おせち料理の通販ならチルドが便利!

通販おせち「中華八角」は12月29~30日にかけて製造します。
各ご家庭に届くのは12月31日
そう、つまり作り立てのチルド状態で届くのです。

もちろん料理は盛り付け済み
お重は末広がりを意味する八角形で、
大きさは一般的なお重より大きい直径26.7cm
朱色の二段重に16品の中華おせちが美しく並ぶ様は圧巻です!

31日、チルドの中華おせちは保冷剤入りの段ボールで届くので、
そのまま暖房のない部屋に置いておくか、段ボールから出して冷蔵庫に入れておきましょう。

元日は中華おせちをただテーブルに並べるだけ
冷蔵庫に入れていた場合は、食べる数時間前に常温に出しておくといいでしょう。
それにしても手間要らずで食べられるのは、チルドならではですね。

おせち料理の通販で中華おせちの口コミは?

通販で累計3,400セットを売り上げる「謝朋殿」の大人気中華おせち。
なかでも一番人気は16品が美しく盛り付けられた「中華八角」です。

口コミ数250件以上というのも人気を物語っていますね。
ここでいくつかの口コミを紹介していきましょう。

口コミ1:通販の中華おせちが美味しい!

・味付けもボリュームも言うことなし。いつも満足してます。
・和風おせちは子供に不評ですが、中華おせちは完食です!
・通販おせちなら八角。いつもエビチリが美味しい。筍の醤油煮もお気に入り。
・海老チリ、くるみの飴がけ、栗甘露煮が好きです。うちは3人で完食します!
・おせちとしてはもちろん、酒の采にもいい中華おせちです。

口コミ2:中華おせちはチルドがおすすめ!

・作りたてのチルドおせちは届いてすぐに食べられます!
・生おせちなので解凍する必要がなく楽!味も満足!
・口コミとチルドが決め手で購入。盛りも味も満足です。
・味が好きです。早割がお得でおすすめ!
チルドなので日持ちを考えて味は濃いめという口コミもありましたが、
全体的には見た目より薄めの味という口コミも多かったですね。
それなら食も進むはず。
いつも完食する!という口コミも多かったです!

おせち通販のまとめ

通販の中華おせち「中華八角」を紹介しました。

上海料理の名店「謝朋殿」による「中華八角」は、毎年完売必至。
通販では量違いでいくつかのパターンを販売していますが、
一番人気はこの「中華八角」です。

29、30日に製造した中華おせちは、チルド状態で31日にお届け
チルドなので解凍の必要がなく、元日はそのまま食卓に並べるだけです。

口コミを見るとリピーターが多く、
特にエビチリが絶品との声が多く見られました。
エビチリや肉団子、栗の甘露煮など子供も大好きなメニューがいっぱいなので、
あっという間に食べ切ってしまうことでしょう。

今年は通販で中華のおせち、いかがですか?

謝朋殿の中華おせちには量違いもあります。
ぜひチェックしてみてください!
↓ ↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする