災害時のトイレ対策は水を流さず固めるシートを備えて乗り切ろう!

地震、台風、洪水、大雪…。
いつなん時、大きな災害が降りかかるとも限らない日本。
みなさん、災害対策は万全ですか?

備えておいた方がいいものはいろいろありますが、
絶対に準備しておきたいのはトイレ対策です。

すぐにも必要で、1日に何度も使用するものだから。
その時の状況にもよりますが、トイレ対策で最も困るのは断水ですね。

ここでは、家に居ながら断水でトイレが使えない
という状況に備える防災トイレグッズをご紹介。
水が流れない、流せないという時に役立つ吸水シートで固めるトイレです!

さまざまな災害を想定し、ぜひ備えてくださいね。

災害時のトイレ対策はまず水チェックから!

地震や台風などの災害で断水した場合、トイレ対策はどうしたらいいと思いますか?

多くのご家庭ではタンク式のトイレを使っていることでしょう。
断水で水が流れない場合、実はバケツで便器に水を流せばいいのです。

タンクに水を入れるのはNG
普段トイレを流す時はタンクの水と給水とで流すので、
タンクをいっぱいにしたからと言っていつも通りには流れません。
むしろ詰まってしまうこともあるんです。

正しくは、バケツ1杯の水をある程度勢いよく流し
さらに追加で3、4リットル流すのが理想です。

うちではこうした災害に備え、いつもお風呂のお湯を捨てずにおいています。
でも、水を流さない方がいい場合もあります。

それは、自治体から流さないよう連絡があった時浄化槽そのものが壊れた時
そうした連絡がなくても、いつもと水の流れ方が違うなかなか流れていかないという時は、「バケツで流す」は控えるのが賢明です。

また、お風呂は最後に入った人が抜く習慣だったり、
ペットボトルの水を大量にストックしていなかった場合、
上記の対策はできないことになってしまいますよね。

そこで…。

災害時のトイレは固めるシートを準備!

災害による断水時のトイレ対策には、防災トイレの備えがおすすめです!

家庭のトイレを使う場合、凝固剤で固める方法もありますが、これだと期限があります
そこで、吸水ポリマーシートで汚物をカバーして固める簡易トイレシートイレ」をご紹介!
使用期限もなく保管も楽で、コスパもいいと3拍子そろっていますよ~!

使い方は、

1:便器に汚物袋(青いビニール袋)を2枚重ねてセット。
2:その上に吸水ポリマーシートを置いて使用します。
3:使用後はさらに1枚吸水ポリマーシートを置いてカバー。
4:使用ごとにこれを繰り返し、3~10回(4~11枚)使用したら袋ごと捨てます。

トイレを使う度に準備したり片付けたりしなくていいのが楽ですね。
また、吸水ポリマーシートは水分を含むとゼリー状に固まる仕組み。
汚物はシートでカバーされますし、ゼリー状に固まるので臭いを抑えてくれるのも特徴です。

セット内容は、
吸水ポリマーシート60枚と汚物袋20枚で、50回の使用分
50回で3,000円(税込・送料無料)なので、1回あたり60円の計算になります!

吸水シートが固めるトイレ対策、ぜひ備えておきましょう!

災害時のトイレグッズを備えよう!

数ある災害用トイレ対策に「シートイレ」をおすすめするのは、楽天の口コミ数が約2,500件もある人気商品だから
備えとして購入した人はなぜシートイレにしたのか、実際に使った人の使用感はどうだったのか、いくつか紹介していきましょう。

口コミ1:災害時のトイレは固めるシートを準備!

・災害時に自宅にいた場合でも断水を想定して準備しました。
・災害時の安心のため1セット購入。トイレの棚に備えています。
・思った以上にコンパクト!保管しやすいサイズです!
・50回分も使えて送料無料でこの値段は魅力。
・他メーカーの凝固剤は期限がありますが、この固めるシートは半永久的に置いておけるのがいい!
以上の方々は未使用ですが、災害時のトイレ対策に備えています。
買っておけばよかったと思っても、その時点では手に入らないのでやはり備えは大切ですね。

次は実際に使ったという方々の口コミです。

口コミ2:あってよかった防災トイレ!

・2日間の断水を経験しました。シートイレがあって助かりました。
・台風でトイレが使えなくなりましたがこの固めるシートで乗り切りました。
・災害ではありませんが、給水塔の工事の際に使用しました。固まるのに少し時間がかかりますが重宝します。
なるほど、こういう実体験を聞くとやはりトレイ対策は急務だなと思いますね~。
シートで固めるという備え、有りですね!

災害トイレのまとめ

災害時のトイレ対策として、固めるシートシートイレ」を紹介しました。
災害で断水しても、便器に直接水を流せばOKです。
でも流れ方がいつもと違ったらやめておきましょう!

そんな時は防災トイレ「シートイレ」の出番です。
ビニール袋をセットし、吸水ポリマーシートでカバーして固める仕組み。
3~10回使用したら、ビニール袋ごと捨てればいいだけと簡単です。

50回分のシートイレはコンパクトなので、トイレの棚に備えておくのがベスト!
いざという時に慌てないため、今からトイレ対策を万全にしておきましょう!

そのほかの防災トイレも紹介しておきます。
気になる商品をぜひチェックしてみてくださいね~!
↓ ↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする