肩こりは枕が背中まである大きいのを使おう!セブンスピローより安い枕ご紹介!

肩こりに悩んでいませんか?
枕を変えるとその肩こり、解消するかもしれません。

今流行っている背中まである大きい枕
トゥルースリーパーのセブンスピローが有名ですね。

首や肩、背中で上半身全体を支え頭の重みを軽減する大きい枕は、
今各メーカーがこぞって販売しています。

ここではセブンスピローが大き過ぎる人に小さめの肩こり解消枕を、
セブンスピローが高過ぎる人により安い肩こり解消枕をご紹介します。

肩こり解消に枕を背中まで敷く!

最初に紹介するのはブルーブラッドのチャクラ
頭と体をつなぐ15度のスロープがキャッチコピーです。

肩こりの原因は人それぞれですが、枕もその一因でしょう。
高過ぎると首に負担がかかりますし、低過ぎると頚椎に負担がかかります。

そこで開発されたのが背中まで敷く大きい枕
頭、首、肩など多くの点で上半身を支えることにより肩こりや首こりを改善する枕です。

ブルーブラッドのチャクラも背中までたっぷりある大きい枕。
特にモチモチの質感に特徴があります。
これは低反発ではなく、ウレタンフォームを使っているため。

そのウレタンフォームには柔軟性と復元力があり、
背中までの上半身を乗せると素早く沈み込みほど良い高さで体を支えてくれます。

人は寝ている間に15~20回も寝返りを打つと言われますが、
チャクラなら寝返りもスムーズです。

背中まで枕があるので、多少寝相が悪くても枕が極端に外れることもないでしょう。

なおチャクラにはワイドタイプもありますが、おすすめは50cm×52cmタイプ

セブンスピローが68cm×90cmなので、それより小ぶりなのが分かりますね。
実はセブンスピローは少々大きいという声があるので、扱い易さを考えるとこのサイズがおすすめというわけです。

(実はチャクラは安いのも魅力です!)

肩こり改善枕は大きいのがいい?!

次に紹介する背中まである大きい枕はドクターウィングDr.Wingです。
こちらはずばり「肩こり専用枕」が謳い文句。
頭から背中までゆったりサポートしてくれる枕です。

ドクターウィングとセブンスピローの違いは背中の部分
セブンスピローは背中までしっかり枕があり、暑い季節は蒸れるという声もあります。

ドクターウィングはゆったり設計ですが長過ぎない形が特徴
背中の部分が半円にカットされているのが分かりますね。

また低反発ウレタンと備長炭パイプを使っていることで、
硬過ぎない枕、柔らか過ぎない枕を実現しています。

こちらもセブンスピローでは大きいという人におすすめのサイズ。
横幅50cm×縦の長さ 40cmはかなりコンパクトですね。
普通の枕に比べれば大きいですが、使い勝手はいいでしょう。

もちろん男性でも女性でもフィットし、寝返りもしやすいと評判ですよ。

ちなみに、この記事の中ではかなりおすすめなのがこのドクターウィング。
でもこちらは値段がセブンスピローとほぼ同じで、安い枕を探している方はチャクラか、この次に紹介するリラックスピローを検討してみてください。
セブンスピローに比べてびっくりするほど安いです!

肩こり改善枕は安いものから試そう!

次に紹介する大きい枕はリラックスピローです。
こちらも首、肩、背中を支え、肩こりを改善してくれる枕。
サイズもセブンスピローより小さく、60cm×75cmです。

リラックスピローの特徴は2種類のウレタンシートで高さを調節できること
性別や体の大きさ、あるいは好みによって調節することができます。

また、弾力性のある低反発素材で体圧を分散してくれるのもリラックスピローの特徴。
つまり、頭だけ、首だけ、肩だけといった特定の場所に負担がかからないようになっていることで、肩こりの原因を無くしているというわけです。

また、リラックスピローのおすすめポイントとして、値段が安いことも挙げられます。
セブンスピローの1万3000円を考えるとこちらは7000円台と安い
セブンスピローが高過ぎて見送ってきた人はリラックスピローなら手が届きやすいですね。

背中まである7000円台の安い枕なら、こちらの商品もおすすめです。

リラックスピローのように背中部分がカットされていないタイプですが、セブンスピローに比べてぐっと安いのが魅力。高さ調節も可能です。
セブンスピローほどではありませんが、大きさは少し大きいですね。

肩こり枕のまとめ

肩こりに悩んでいる方に、背中まである大きい枕を紹介しました。

ブルーブラッドのチャクラはウレタンフォームのもちもち感が特徴。
頭と体をつなぐ15度のスロープが心地いい枕です。
セブンスピローより安いのも魅力!

ドクターウィング(Dr.Wing)は肩こり専用枕。
コンパクトサイズで、背中の半円カットが蒸れ防止にもなっています。

そして、60cm×75cmのリラックスピロー
2種類のウレタンシートで高さを調節できるのがいいですね。
こちらはもっとも安い7000円台で、セブンスピローの約半額となっています。

一度はセブンスピローを検討した方も、大き過ぎ、高過ぎと見送ってきたことでしょう。
しかしここで紹介した3つの枕ならほどよい大きさと値段
これなら“背中まである枕”デビューできそうですね。

ぜひ背中まである枕で睡眠環境を改善し、肩こりを解消しましょう!

そのほかにも、いろいろな枕がありますので並べておきますね~!
↓ ↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする