2017年秋ドラマ感想!「刑事ゆがみ」と「明日の約束」は最終回まで視聴!

2017年の秋ドラマが終わりました。
結局、最後まで視聴し続けたのは「刑事ゆがみ」と「明日の約束」の2本だけ。
最終回はまあまあ納得。どちらもまあ見てよかったかな、と…。
最終回まで見た感想と、2018年冬ドラマの期待度をお話しします!

2017年秋ドラマ感想!最終回まで見たのは「刑事ゆがみ」と「明日の約束」!

●「刑事ゆがみ」最終回

出演者に関しては最後までそんなに文句なかったです。
もし私が神木くんのファンだったら、
途中ちょっと存在感なかったので不満に思うかもですが、
そんなことはないので問題なしでした。

そんなことより引っ張ったロイコ事件。
犯人役にオダギリジョーってところまではよかったんですが、
なんかちょっと無理ありませんかねぇ…?
ヒズミがオダジョーの娘?! で、最後はちょっと尻切れトンボっぽかったのもちょっと…。
残念ながら視聴率がよくなかったようなので続編はないですよね?
今頃知ったんですが、これって原作漫画なんですね。
漫画もこれで終わっているのでしょうか…。
でもまあ、ちょっと毛色の変わった刑事ものということで楽しませてもらいました。

●「明日の約束:最終回

こちらも少々中だるみしましたが、
最後はまあまあ落ち着くところに落ち着いた最終回でしたね。
主人公がナレーションで言っていましたが、母親に本心をぶつけるの遅すぎ!
もっと早く言ってもよかったのにーと思ってしまいました。
しかしながら親子という近しい間柄だからこその複雑さは分かる気もしますが…。

意外だったのは及川ミッチーの歪みが過去のトラウマからきていたこと。
そこもうちょっと掘り下げてもよかったような気がします。
あと、仲間由紀恵が長女にどうしてそんなに無関心なのか、
最終回で明らかになると思ってましたがそこもあっさりでした。
長男君のやさしい言葉で長男にのめり込んでいったというエピソード、
子役が下手過ぎて引きましたよー。
すごく短いシーンだったけど、
ああいうとここそ丁寧に作ってほしいと思います(エラソーですが)。
ちょっと長女がかわいそう…。
そしてその長女ちゃんが仲間由紀恵に似てなさ過ぎ、じゃないですか?
井上真央もいい女優といえるのかどうか。
全編通して見てもあまり魅力的に感じなかったですね~。
その点、演技力はさておき、やっぱり仲間由紀恵は華があります。
脇でも光る証明ができた作品になったのでは?

●その他の秋ドラマと2018年冬ドラマ

最終回だけ「奥様は取り扱い注意」を見てみたんですが、
途中離脱してよかったと思った最終回でした。
「監獄のお姫さま」は途中我慢してでも見続けた方がよかったんでしょうか?
クドカン好きですが、個人的にもアタリ外れがけっこうあります。
で、朝ドラ、昼ドラは見ていないのですが、テレ朝でやってる「トットちゃん!」。
たまたまテレビをつけたら森繁久彌役をマッチがやってましたが、アレっていいの?(汗)

さて、次は冬ドラマですが、具体的に何があるんでしょう?
よく分かっていませんが、
漏れ伝わってくるものでは木村拓哉の「BG~身辺警護人~」と
坂元裕二脚本の「anone」ってところですかね~。
前者はキャストと民間のボディガードを扱うところ。
後者は「Mother」と「Woman」を見ていて脚本に期待しているところが理由です。
来年も忙しくなりそうなので、できれば2、3本くらいに絞りたい!
変な希望ですが、あまり面白いドラマがありませんように!

さいごに

2018 年、忘れてましたが大河ドラマもありますね。
西郷どん」、面白そうじゃないですか?
となると、毎週日曜日の8時から時間を取られることに…。
で、毎週見てるとあっという間に季節が移ろい、本当に1年があっという間に過ぎる(汗)。
大河見てなくてもあっという間ですが、
見てると余計に過ぎ去る時間が早いような気がするのは私だけ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする