バレンタイン義理チョコ10選!予算別&人数別で選ぼう!

バレンタインに職場でチョコレートを配る人へ、
人数別・料金別に義理チョコをご紹介!
見ためは高級そうでも、人数で割るとリーズナブルです。
今日のイチオシは、もう迷わない!バレンタインデーの義理チョコ10選です。

人数別!料金別!バレンタイン義理チョコ10選!
コレ、職場に持って行こ!

毎年義理チョコを配っていると、
今年はどうしようか迷いますよね?
そこで、人数と予算で決められる、義理チョコをご紹介。
本命に渡してもOKなクオリティの高いチョコもありますよ~!
なお、一人当たりの料金は税込の商品価格÷人数で、送料は含まれていません。
あしららず~。

もう迷わない!バレンタインデーの義理チョコ10選をご紹介!

①24人:一人162円
高級チョコレート「ガレー」のミニバー

ベルギー王室ご用達の高級チョコレート。
箱をぱっと開けた時の華やかさが特徴です!
1つ1つ丁寧に包装されているので、1人1本でも見劣りしません。
11種類の味があるので、2本ずつ12人に配るのもいいですね。
※こちらの商品は送料込みの料金です。

詳しい紹介はこちら

②16人:一人162円
キハチのワッフルショコラサンド

ワッフルでクリームを挟み、チョコでコーティングした、
パティスリーキハチのチョコスイーツ。
1つは黒胡麻ショコラクリーム、
もう1つはフランボワーズショコラクリーム。
16人なら1枚ずつですが、2つの味をセットにして8人でもいいですね。

③12人:一人32円
六花亭の六花の森

こちらはばらまき感の強いひと品。
でも言わずと知れた六花亭のチョコレートです。
本当にばらまくだけなら12人に。
でも味が3種類なので3つずつ4人に配るのもおすすめです。
ひと箱が安いので、人数分の箱を買うのもアリでは?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

六花亭 六花の森 12個入り 1個
価格:380円(税込、送料別) (2018/1/13時点)

④6人:一人378円
フィットウィッチブラウニー

ニューヨーク生まれのフィットウィッチブラウニー。
ピーナッツバター、クランベリー、ビターキャラメルと
3つの味はどれもポピュラーで、個別包装がナイスです!
女性が多い職場に受けそうですね!
自分用にも欲しい人続出のブラウニーで、話題のひと品ですよ~!

⑤5人:一人378円
バニラビーンズのショーコラ

横浜発の大人気、大人チョコ。
サクサクのクッキーで生チョコレートをサンドしました。
1つずつ包装されていて、サイズは4.5cm×4.5cm、厚み1cm。
5つの味から1つ選び、その味×5個届きます。
パッケージもおしゃれですよ~。

⑥5人:一人362円
宇治抹茶 生チョコレート

鮮やかな抹茶と濃厚な生チョコレートのコラボが魅力。
5粒入りの袋が5セット入っていて、配りやすさも◎です。
和風のパッケージも目を引きますね。
5粒入り×10セット、20セットもあり、
20セットだと送料無料になりますよ~!

⑦2人:一人540円
ホワイトいちごチョコ

ちょっと変わったチョコにしたいなら、
フリーズドライのいちごにホワイトチョコを染み込ませた
ホワイトいちごチョコがおすすめ!
いちごの酸味とチョコの甘さが絶妙です。
ひと箱に2袋入っているので、2人に配れます!

詳しい紹介はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホワイトいちごチョコ/いちごチョコ/フリーズドライ/含浸
価格:1080円(税込、送料別) (2018/1/13時点)

⑧1人:一人345円
坂井宏行の鉄人生チョコ

有名パティスリー、坂井シェフの生チョコレートです。
高級感のある生チョコにもかかわらず、リーズナブルなのが魅力。
2個入りでパッケージがおしゃれというのもポイント高いですね!
こちらはひと箱に2粒入っていますが、1人にひと箱がベストでしょう。

⑨1人:一人390円
しょこら餅

和チョコを選ぶなら、変わり種のしょこら餅がおすすめ!
おもちの中に生チョコがとろりと入った食感が魅力。
3個入りのパッケージもおしゃれです。
15セットのまとめ買いなら送料無料になりますよ~。

⑩1人:一人550円
チョコ2種のプチギフト

抹茶チョコ3枚と苺チョコ3粒のセットです。
抹茶とホワイトチョコ、苺とホワイトチョコのコラボが魅力。
異なる2種の味が1つにパッケージされていて、
もらった人はかなりうれしいはず!
女性向けプチギフトとしてもおすすめです。

さいごに
いかがでしょう?
最適な義理チョコが見つかったでしょうか?
いつもと違う目を引く義理チョコで、
職場の雰囲気がよくなるといいですね。
最近のバレンタインは必ずしも女性から男性へ贈るとは限りません。
日頃お世話になっている女性に贈っても
きっと喜ばれると思います。


  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする