コーヒーメーカーの売れ筋は?人気のシロカ、口コミをご紹介!

楽天で人気の全自動コーヒーメーカーをご紹介! 豆を挽いておいしい1杯ができるまでを全自動でしてくれる優れもの。豆だけでなく、粉も使えるので便利。コンパクトなサイズとスタイリッシュなデザインも人気の秘密です! 今日のイチオシは、豆も粉もOKのコーヒーマシン、シロカの全自動コーヒーメーカーです!

コーヒーメーカーの売れ筋は?人気のシロカ、口コミをご紹介!

コーヒー好きなら毎日、人によっては一日に数回飲みますよね? そのたびにペーパーをセットして、粉を入れて、まあまあのコーヒーでむりやり満足していませんか? いろいろな豆で挽きたてのコーヒーを自宅で楽しめたら! そんな夢は1万以下で手に入りますよ!

コーヒーメーカーランキングでは3位にランクインしています!

↓ ↓ ↓
コーヒーメーカーランキング【楽天】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

siroca シロカ STC-401 全自動コーヒーメーカー ガラスタイプ 全自…
価格:8400円(税込、送料無料) (2018/3/4時点)

豆も粉もOKのコーヒーマシン、シロカの全自動コーヒーメーカーのココがごい!

では、具体的に素敵ポイントをみていきましょう。

本格的な味

家でコーヒー豆を挽くなんて、よっぽどのコーヒー通がやること、なんて思い込みはもう古いですね! 豆を入れて、水を入れ、ボタンを押すだけで本格的なコーヒーを家で何度でも味わうことができます。美味しさの秘密は、豆を挽いた後にすばやくドリップすることで、コーヒーの香りや風味を損なわないから。また、ステンレスメッシュフィルターを通すことで、豆の油分まで抽出できることにあります。もちろん、粉でも使用可能ですよ~!

コンパクトなデザイン

シロカの全自動コーヒーメーカーはコンパクトでスタイリッシュなデザインも人気。大きさは横17.3cm、高さ27cm、奥行22cmです。1.5ℓのペットボトルと同じくらいの高さで、あちこちに出っ張りのないシュッとしたスタイルがおしゃれです。重さも2.2kgなので、どこかに移動させるのも簡単です!

簡単な使い方とお手入れ

使い方は3ステップ。コーヒー豆か粉を入れ、水を入れ、ダイヤルをセットしてボタンを押す。これだけです。カップなら4杯、マグカップなら2杯の分量が作れ、自動で30分間保温もしてくれます。ミル付きのバスケットとメッシュフィルターは取り外せるので、お手入れはこれらを洗うだけ。メッシュフィルターは何度も使用できるので、ペーパーレスでお財布にもやさしい仕組みになっています。

豆も粉もOKのコーヒーマシン、シロカの全自動コーヒーメーカーの評判は?

シロカの全自動コーヒーメーカーのレビュー数は709件で、総合評価は4.32。3~50代の女性と4、50代の男性からの指示が高いですね。では実際に購入された方の声をいくつか紹介しましょう。

早い!おいしい!

・毎日朝から挽きたてのコーヒーが飲めるなんて、それだけでワクワクします!
・美味しいコーヒーが素早く出来上がりうれしいです!
・おいしい!手軽で使いやすく、迷っている人にはおすすめです。
・人にプレゼントしたのですが、インスタントに比べて数段おいしいとのこと。手入れも簡単と好評でした。

ココがお気に入り!

・いろいろな種類の豆を試したくて購入しました。サイズもお気に入りです。
・サイズがコンパクト、デザインもシンプルなところが好きです。
・手入れしやすいのが何より!フィルターもじゃぶじゃぶ洗ってます。
・コンパクトで使い方が簡単。見た目がオシャレなのもいいですね。

ココがおすすめ!

・家でもこんなに美味しいコーヒーが飲めるなんて。コーヒー好き、カフェ好きにおすすめです。
・軽いので簡単に置く場所を変えられるのがいいです。
・音を気にされている方、最初はある程度しますが許容範囲ですよ。
・豆も粉もOKで、使用後の洗い物も簡単。水の注ぎ口が狭いので、ペットボトルを使うといいです。

豆から淹れたコーヒーがおいしい、使い方簡単、掃除が楽、見た目がスタイリッシュといったレビューが多いですね。音のことを書いている人もたくさんいましたが、豆を挽く際の最初だけだそうです。でも早朝や深夜は避けた方がいいかもしれません。近所を気にするほどではないというレビューもありましたが。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

siroca シロカ STC-401 全自動コーヒーメーカー ガラスタイプ 全自…
価格:8400円(税込、送料無料) (2018/3/4時点)

さいごに
うちでもコーヒーは毎日飲みます。そして毎日ペーパーを使っていますよ~。決して高いものではありませんが、これが必要ないんですね。それに自宅で豆からコーヒーを淹れるっていう発想がありませんでした。そんな贅沢とも思えるマシーンがこんなにコンパクトで、しかも1万円以下っていうのも驚きなんですが、これって今の常識ですか? いや~、赤バージョンもいいですね。迷います~!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする